【バーバリー 】バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311

Burberry コピー トートバッグ2023年オールシーズン最新作通販サイトバーバリー スーパーコピーコピージャケット絶秒な極美品限定品再入荷定番作大人気美品激安直販バーバリー 偽物Tシャツ春夏新作、秋冬新作人気特価、必ず届く信頼できる老舗

バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311
レディースファッション » アウター » トレンチコート
《商品詳細》
表地:綿100%
ディテール: 綿 100%
裏地:綿100%
袖裏:ビスコース100%
ポケット裏地:綿100%
ダブルブレスト留め
スナップ留めのベストポケット
特徴的なディテール: エポレット、ベルト付きカフス、D リング ベルト、ストーム フラップ
専門店でのドライクリーニング
推奨偽 ブランド

【バーバリー 】バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311

【バーバリー 】バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311

【バーバリー 】バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311

【バーバリー 】バーバリー 偽物 ウォータールー トレンチコートコットンギャバジン 80582311

アンリアレイジ(ANREALAGE)の2023年春夏コレクションが発表されたテーマは「A & Z」

過去と未来、リアルと仮想が交差する服

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真57

アンリアレイジのロゴは、AとZを重ねたシンプルなものだそこには、「AとZは対極のようにも思えるが、アルファベットを円で考えれば隣同士になり得る」という意味が込められている今回のコレクションのテーマは、「A & Z」ブランド20周年の節目を迎える大切なショーで、Zは終わりではなくAへと回帰する“新たな始まり”であることを表現した

ショーの演出は実に斬新だ舞台には半透明のスクリーンを設置し、3Dプロジェクターで映像を投影リアルのモデルとバーチャルのモデルがシンクロしながらランウェイを歩いてゆくモデルが着用しているのは、デジタル上で発表された過去4シーズン分のルックだ

過去4シーズン分のショーを再現

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真6

まず登場したのは、“家のような服”を提案した21年春夏「ホーム」のアイテムカラフルな多面体のテントから生まれたという衣服は、骨組みを外せばボリューミーなシャツやドレスへと早変わりドローコードでたっぷりとギャザーを寄せ、歩くたびにふわりと柔らかく空気を纏う

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真19

次に、天地逆転のファッションショーを繰り広げた21年秋冬「グラウンド」を再現地面を踏みしめ歩くリアルのモデルに対し、映像のモデルは天井のランウェイを闊歩重力に逆らって生きるバーチャルモデルの洋服をよく見ると、裾はめくり上がり、フリルも逆立っているニットに描かれたりんごも、“木の上”へと落ちていくのが面白い

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真39

そして、物語は二次元と三次元の世界を行き来する22年春夏「ディメンション」のフェーズへ三角形の“ポリゴン”を集積させて構成した洋服は、平面のパーツで構成されていることを忘れさせるほどボリューミーで立体的リアルのモデルが立ち止まると、バーチャルモデルが同様のルックを身に纏って登場する演出も独特だ

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真40

22年秋冬「プラネット」は、宇宙にフォーカスしたシーズン今回のショーでは、右から歩いてくるリアルモデルに対し、まるで月面を浮遊するかのような足取りでバーチャルモデルが左から登場異なる時の流れの中で交差してゆく丸みを帯びた構築的なドレスや正円ネックラインのMA-1は、宇宙服を彷彿とさせるピースだ

過去4シーズンの再現が終わると、会場が暗転なんと、これまで投影されてきた映像が倍速で巻き戻されてしまったそしてスクリーンには、ショーが始まる前に映し出されていたカウントダウン表示が再び出現何事もなかったかのように、再び1からアンリアレイジのショーが開幕したのであった――

“原点回帰”パッチワークの最新コレクションへ

アンリアレイジ 2023年春夏コレクション - 過去と未来、リアルと仮想が交差する服|写真51

会場の時間を丸ごと巻き戻してスタートさせた最新コレクション登場したのは、ブランドの原点といえるパッチワークのアイテムたちだ2000から3000もの小さなピースをひとつひとつ繋ぎ合わせて作った洋服は、20年前にアンリアレイジがデビューシーズンで展開したパッチワークコレクションをアップデートしたものラインナップもほとんど当時のままだ

「20周年を迎えたいま原点に立ち返ったように、何十年後かに今日に戻るような気もしている」そう語るのはデザイナーの森永邦彦本コレクションでは、ZからAに回帰するように、過去と未来を繋いでみせた我々は、ブランド20周年の壮大な集大成と新たなスタート、そして“2週目に入る強さ”を目の当たりにしたように思う

投稿者 grapixinc